大学生が休学してITを学ぶ話

情報工学科の大学4年生が1年休学して東京でITについて学んでいきます。

プログラミングを勉強するのに大切な心構え5つ

ここ1ヶ月半ほど、席をお借りして勉強する場を与えてもらったり、社内のプログラムを読ませてもらっている会社がある。

TECH::CAMPでRuby on Railsに関してある程度の知識をつけられたものの、実際にプロダクトを作るとなるとより高度な技術やツールを使わなければいけない。

そこで現在いる会社に席をもらって、そのギャップを埋める勉強をしている。
Gitの使い方やコードの綺麗な書き方もままならなかったが、最近はPull Request(以下、PR)を出したり、コードの読みやすさを考えてコーディングできるようになった。(まだまだ精進する必要はある。)

 

そんな中でいくつか思ったことを書き記しておこうと思う。

僕と同じようにプログラミングの基本はできてきたが、プロダクトを作るまでに至らない人たちに読んでもらいたい。

 

 

 


システムは属人化させない


コードは読みやすく、誰が見てもわかるようにする。

PRもそうだ。1つのPRには1つの意味を持たせる。

もし誰かが今やめてもそのプロジェクトを誰かが引き継げるように、または半年後の自分でもすぐ理解できるようにシステムは属人化させてはいけない。

 

常に自走する


エンジニアの社員の方は元DeNAの方で、その新卒研修で教え込まれるのが「自走できるエンジニアになる」ことだそうだ。

プロジェクトで使っているツールやライブラリについては自分でよく理解する。

エラーが出たらそのエラーがなぜ起きるかよく考える。

自分がぶち当たる壁は世界の誰かがぶち当たったことのあるものだ。必ずヒントは検索したり、本を読めば書いてある。

英語のドキュメントでも逃げずに読むこと。プログラミングの情報量は日本語よりも英語の方が圧倒的に多い。

いつも心がけていることは「知らないことは恥じゃなく、知ろうとしないことが恥」ってこと。

 


プログラミングを楽しむ

 

僕は毎日わからないことだらけだが、プログラミングが楽しいから続けられる。誰かにプログラミングをしろと言われたのではない。

中学生の時、HTMLやCSSをなんとなく触った時にサイトの見た目が変わって感じた高揚感を、今も同じように感じている。

毎日わからないことがわかっていくのがとても楽しい。夕方まで会社で勉強したら、そこからTECH::CAMPのメンターアルバイトに出て、そこでも勉強しながら受講生の対応をする。帰りの電車の中ではGitの使い方についての本を読む。

毎日勉強漬けだが辛いと思ったことはない。好奇心が僕を突き動かしているからだ。

 

 

なんとなく手を動かしてみる

 

僕は厚さが4cmくらいあるパーフェクトRubyとパーフェクトRuby on Railsという本を読んでいる。最初はそれをただただ1ページずつ読んでいたがそれでは理解したつもりでも次の週には忘れている。

そんな人は自分の作りたいものを作り始めてしまえばいい。RailsならMVCの仕組みを理解して、本に載っているようなサンプルのプロダクトが1つか2つ作れたらすぐに自分の作りたいものを作っていい。

自分の作りたいものに対して、その機能を細分化しながら学ぶプログラミングでは覚える速度がまるで違う。

 

 睡眠はしっかりとろう

 

寝てないと意味不明なコードを書きがち。

ちゃんと寝よう。

 

最後に